包茎治療で気になる料金

包茎について情報収集して、自分が包茎治療するべきだと判断したとします。
そうなると美容整形クリニックやメンズクリニックなどで包茎手術を受けるのが適切です。
包茎手術には包茎矯正器具を使う方法もありますが、そのほとんどは仮性包茎の人にしか効果がなく、その効果も確実だとは言い切れません。
そのため、どんな包茎でも治療することができる医療による包茎手術がオススメです。
ただその包茎治療で気になってくるのが料金です。
というのも、包茎手術は一般的な病気や怪我の治療と違って基本的に公的な医療保険が適応されないため、全額自己負担しなくてはならないからです。
公的な医療保険は日常生活に支障をきたすケースではないと適応されないからです。
でも、仮性包茎はともかく真性包茎やカントン包茎というのが重篤なケースになるとその生活に支障をきたすケースもあります。
そのため、医療保険が適応されることもあり、適応されるかされないかは医師の診断によるところも大きいため、素人判断で述べることは難しいです。
もちろん仮性包茎では生活に支障をきたさないため、医療保険が適応されることはまず間違いありません。
もしも、全額自己負担になるケースでは、仮性包茎手術のケースでは約8万円から16万円、真性包茎・カントン包茎手術のケースでは大体20万円となっています。
もしも、医療保険が適応されれば自己負担は1万円から3万円といった程度に済みます。
なぜこのように包茎手術の料金に差があるかと言うと、包茎は人それぞれ違ってきますし、その包茎に慌てて包茎手術にはいろんな種類があるのです。
包茎の状態や包茎手術の種類によって料金が違ってくると言うわけです。
そのため、もしも包茎手術を受けたいと思っているのならば、最高でも25万円くらいを用意しておけば、料金で困ることはないでしょう。
またクリニックのなかにはローンを組めるところもあるので、そちらも合わせて活用するのもいいでしょう。


コメントは受け付けていません。